8月ということもあって暑さと疲れでダウンした5ヶ月目です。

ふらふらしながら点滴を打ちに病院へ行く日々。

当然、記事を書く気力もなかったんですね。

どうして継続することができたのか、5ヶ月目の実践記です。

記事を書くモチベーションを保つためにしたこと

めまいと吐き気に襲われ病院に行けば血圧は下が60で上が80。

この状態が2週間ぐらい続きました。

当然、パソコンに向き合うも頭の中は真っ白で手は止まったまま。

やっと記事を書くことに慣れてきたのに、ここで止まってはと

私がしたことは先生に質問することでした。

この時は1記事に1週間かかっていい、と自分で決めて

でも納得の行く記事を書こうと先生に添削をお願いすることは止めませんでした。

自分だけだったら「具合が良くなったら、またやればいいや」となっていたと思います。

先生に添削してもらう、修正する(やるべきことがわかる)、OKをもらう(自信が持てる)

そのサイクルは遅くなっても、先生と約束する(添削してもらって直す)ことで「続けなきゃ」という気持ちが保てました。

5ヶ月目の報酬と記事数

記事数:31記事(8月4記事)

報酬額:21,000円台

まとめ

たった4記事しか書けませんでしたが先月より13,000円アップしました。

体調が悪くて記事が書けない中、報酬が上がっていたことも続けることができたことの要因のひとつでもあります。

それをも報告できる先生の存在はやはり大きい!と感じた5ヶ月目でした。

6ヶ月目に続きます。